気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« セーブポイント | Main | プレステ2用「ミッシングパーツsideA」終了。 »

2003.12.08

8ビットPC「ザナドゥ」

64ビットパソコンが出るというご時世にナンですが、8ビットパソコン全盛時代に一世を風靡した伝説のロールプレイングゲームです。

この時代のパソコンゲームソフトで40万本を売り上げたのは「ザナドゥ」だけで、この点一つ取ってみても伝説の名に恥じぬ金字塔です。何より実際に(当時)遊んでみると緻密に計算されたゲーム世界は探検する者に、手に入れた武器・防具を装備した効果を体感したりお金貯めて買った魔法の威力に満足したり、受けるダメージが小さくなり強くなった喜びを感じたり、それらいわゆるロールプレイングゲームの楽しみだけでもバランスがとても良いのに、加えてパズル要素やアクション要素そして広大なマップとデカキャラという他に類を見ない技術力が彩りを添えました。

今、EGGという有料サービスで昔のゲームが楽しめます。もう一度遊んでみると流石に操作性やレスポンスに難を感じるものの、経験値を稼ぐ・強くなる・モンスターを倒すの楽しみは健在でゲーム中のFM音源が奏でていたBGMは当時の記憶が蘇ってきて色々なことを思い出します。「ザナドゥ・シナリオ2」となればこのBGMもステージ毎に変わり、当時思い切り遊んだユーザーならノスタルジィに浸れる事間違いありません。

そう、今遊んでも「テレビゲームは時間の贅沢な使い方。」というのを認識できる「ベストゲーム」フリークなら避けられない名作中の名作です。

« セーブポイント | Main | プレステ2用「ミッシングパーツsideA」終了。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.