気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 今日からココは日記サイトになりました~ | Main | 欲望の赴くままに »

2004.10.21

ハッスルハウス3わくわくモンスターランド

思ったより早く帰宅できたので、「間に合わない」と、あきらめかけてたハッスルハウス3を第一試合の途中からでしたが迷わずPPV料金(1500円)支払って生放送観戦。

詳細は例によってスポナビをどうぞ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200410/21/index.html

高田総統面白すぎ。観客もノリノリです。しかし、このハッスルハウスシリーズは、箱(会場)が小さいため観客のノリがダイレクトに伝わり、面白い試合はより面白く、面白くない試合はそれなりに(ヤジで客が遊ぶ)楽しもうとするのでハズレが少ないです。

でも驚いたのが第三試合です。ハッキリ言ってツマンナイ塩試合でした。いや「塩試合」くらいはハッスルでは珍しくありません。ただ「ハッスル」それも「ハウス」での試合で、いかに塩試合でもここまで観客が拒否反応を示し、試合中に「エエェェ~~~!」「うそぉ~~~!」という歓声が響き渡るとは思いませんでした。

確かにヤジッて楽しもうという客層も多いですが、本当にツマラナイ試合だと観客はソッポを向くというWWEとはあきらかに違う「日本のプロレスファン」のシビアな面を感じました。まぁ本当につまらない試合でプロレスカミングアウト派の私なんですが、「筋書きがあるならもうちょっと何とかなるだろう」と言いたくなるようなプロレス真剣勝負説を唱えたくなる程噛み合わない試合でした。

逆の点で驚いたのが、第四試合のモンスター軍で、プロレスに不慣れな連中・・・と覚悟して見てたのですが、予想外にシルバとボビッシュが旨くなっており(金村選手の受けの旨さとも言える)「モンスター」の名に恥じぬすばらしいパフォーマンスでした。

そして期待通りに面白かったのが高田総統のマイク。

ヤジって楽しもうとする「スレたプロレスファン」のヤジにも動じずにアドリブでやりかえす姿は本当にすばらしく、ハッスルの回数を重ねるごとに「日本のプロレスを破壊する」の言葉どおり「マイクパフォーマンス」を「試合内容」を凌駕するほど盛り上がりました。

事実、高田総統の登場から観客の盛り上がりは最高潮に達し、規模は天と地ほど違いますが、あの盛り上がり方こそアメリカを制した「WWE」のノリを「日本版にアレンジした」と胸を張って言える総統のパフォーマンスと観客の一体感でした。

・・・でも、このノリってデカイ箱じゃ失敗するんですよね。ハッスル6、どうなるんでしょうか?

ハッスル公式
http://www.hustlehustle.com/

« 今日からココは日記サイトになりました~ | Main | 欲望の赴くままに »

趣味」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハッスルハウス3わくわくモンスターランド:

« 今日からココは日記サイトになりました~ | Main | 欲望の赴くままに »