気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« どんな食べ物にも合わない飲み物 | Main | 16和音 »

2004.10.25

時代おくれの漢(オトコ)

通常の経路でも片道、1時間30分かかる遠距離通勤。(およそ1800円)

それを大阪市営交通のバス乗り継ぎという裏技を使うと、往路は1時間50分、復路は2時間を費やすことで、600円近く交通費が浮きます。(1100円)一時間余分に通勤時間がかかるとはいえ、時給に換算すると600円のアルバイトと思えば、定時で帰れる時は出来るだけケチッています。

まぁ、バスは50分近く乗るので、普段はその間は出来るだけ寝ているのですが、今日は昨日深夜のプロレス観戦のために体調が狂ってしまって眠くありません。仕方ないので最近買い換えた携帯電話でテレビでも見ようかと思いましたが、見たいテレビ番組もありません。

そこで、今までは携帯電話がショボくて遊べなかった携帯アプリに挑戦することにしました。

・・・・以前、満員電車でゲームボーイアドバンスで「ぷよぷよ」を鬼のように遊んでる女性を見たり、携帯電話でグラディウスを遊んでる高校生を見たりしたんですが、「携帯機でアクションなんて無理があるやろ~家でやれ、家で。」と冷ややかに(うらやましさの裏返しで)見ていた私です。アクションゲームは流石に無理だろう、と言うことで「Wizardry」を遊ぶ事にしました。

サクセス携帯アプリ
http://www.success-corp.co.jp/keitai/

三十分ほど遊んでみましたが、なかなか良い感じです。軟派なマッピング機能はなく、既に落ちぶれた私のゲーム感覚では辛い部分も多々あるんですが、懐かしい3Dダンジョン探索型ゲームを遊んでいると懐かしくて泣きそうになってきました。

学生の頃は仕事や家事、生活費のやりくりに追われることなく、また学校でゲームの情報交換や攻略の進み具合を競い合う事ができました。今はもう、独り暮らしで日々の生活に追われる毎日。さらに付け加えますと、衛星放送にハマっていてゲーム自体に費やす時間も減ってしまった事もあります。

そんな懐かしい思いを感じたのはEGGのサービスを遊んだ時にも蘇りましたが、「ウィザードリィー」は格別でした。愛機FM-NEW7で遊んだ「Wizardry」最初に女性エルフで僧侶をメイキングして、そのころ恋してた女性の名を洋風にアレンジして付けたキャラと、次に作成した私の分身(人間:戦士)と二人きりのパーティー。

で・・・二人パーティーなんて無謀とは知らず、あ・・・と言う間に死体となって迷宮に取り残されました。あの時の墓のグラフィックは今でも心に突き刺さっています。今みたいに攻略サイトがある時代ではなく、パソコン月刊誌の攻略情報を待つしかなく、自力で(少し慣れてみれば、入り口から近いしどうってこと無かったんですが)救出隊を組織して、五人パーティーで最初は彼女(と妄想。)を救出し、私(の分身)一人死体のまま救出隊の戻りを待つ。

・・・が、なんせ「私の分身」ですから、人間の戦士なんて中途半端なキャラ。結局、救出隊のドワーフの戦士が強くなり、「私の分身」は二軍パーティーとして一線を引退。彼女はそのまま一軍パーティーに居残りワードナー(要するに親玉)を倒して勲章を貰いましたとさ・・・めでたし、めでたし。

なんて思い出が蘇りました。うむ、泣けます、色々な意味で。

で、帰宅してインターネットで検索。調べてみるとた~~~くさん携帯アプリってありますね。いや、確かに今まで機種が古いせいもあって知らん顔してましたが、こんなに沢山あるなんて思いませんでした。でも、テレビが受信できるって事に目がくらんで、50Kアプリしか遊べない機種を買ったのを今さらながら後悔しました。

でもまぁいいや。サクセスのサイトで、ウィザードリィーよりさらに懐かしい「空手道」を発見できたし。

いやいや、空手道といえば、プロレス・格闘技好きの私が、一番最初にハマッたゲームです。レバー二本を使うことで多彩な技を繰り出し、また、その二本の操作性が理にかなっており、技表を見ると「覚えられるか~!」と言うような表なんですが、理解してみれば移動レバーと技レバーの組み合わせで思い通りの技が繰り出せるようになるととても嬉しかったものです。

で、その携帯版を遊んでみると、コレがまた良く出来てます。すばらしい。操作は簡略化素人用操作もあるんですが、当時と同じ二本レバーを再現した十字キーと数字キーを両方つかう玄人用があって完璧。もともとアクションゲームというより、間合いを計ってタイミングよく技をくりだすので、「アクションゲームは家でやれ」派の私でも許容範囲です。

当時好きになったゲームで他には、セガ「アッポー」があったんですけど、あれは永久パターン?をすぐに発見(か盗み見したのか定かではありません。)してしまい、ハマッたと言うほどお金は突っ込みませんでした。と言うことで、当時セガ人だった私としては、セガサイトも調べてみました。

セガ・パレード
http://sega.jp/kt/vodafone/segaages/home2.html

う~~ん。やっぱり256Kアプリが良かったかな。まぁ、でもアクションゲームやシューティングは許容範囲外なので、もうしばらくウィザードリーでまったり遊ぶことにします。

あと、2ちゃん系でこんなサイトも・・・。

http://www.greview.net/java-appli/index

« どんな食べ物にも合わない飲み物 | Main | 16和音 »

趣味」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時代おくれの漢(オトコ):

« どんな食べ物にも合わない飲み物 | Main | 16和音 »