気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 大きな口 | Main | 闇が深くなるのは・・・ »

2005.08.04

Wrestle-1 PPV観戦

今日は仕事を午前中で引き上げて、レッスル1をPPV観戦。
(他の用事も済ませるつもりだったのにすっかり忘れて帰宅。はぁ・・・夏休みの宿題を先延ばしした気分。)

WRESTLE-1 GP 2005 開幕戦 (スポナビ)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200508/04/index.html

ま、詳細はスポナビで確認して頂くとしまして、最初からカードを見ればそれほど面白い興行になるとは思ってなかったんですが、それ以上にカメラアングルや段取りの悪さが目に付き、期待していたAJスタイルズ選手の凄い動きにもあんまり乗れませんでした。

そのせいか、途中でウトウトと眠ってしまい諏訪間戦途中~サップ入場あたりまで見逃してしまいました。ちょうど2ちゃんねるの実況スレッドでウダウダ(つまらない興行ほど、この匿名掲示板でのツッコミが面白く、塩興行でも美味しく召し上がれます。)遊んでましたので、読んでみるとそれほど面白くなかった模様です。

ま、後でビデオで見直しましたが、気分が乗っていたら間違いなく喜んでいるはずのJのテーマや村上選手のイカレた目を見ても実際面白くなかったです。村上選手はアクシデントか(実況席では古傷の股関節を痛めたとのことでしたが)動きが悪くなって見ていて辛かったです。

なにより、レフェリーが最悪。あぁいう場合、割ってはいるのではなく選手に任せてトドメを刺させるか、すぐさまレフェリーストップの裁定を下すかしないと、両選手をダメにするだけでなく興行全体の流れに影響してしまいます。もっとも、それ以前に今回は興行全体がグダグダだったので、影響も何もありませんでしたが。

で、そんな流れで興味のあった佐々木対長州。

もう長州選手の動きが悪いのは予想していたんですが、佐々木選手の水平チョップを最後まで受けきらないで途中でガードしてしまうところで冷めてしまいました。いや、「受けろ」とは言いません。受けるのが嫌ならサッサと自分の攻撃でゴマかせば良いんです。

それに反して佐々木選手はどうあっても話題になる「WJでの因縁」を自分から清算すべく、ケツ、アックスボンバー、ダイビングラリアット、ニールキックなど普段は見せない他の選手の技を繰り出し、プロレスならではの感情・歴史を感じさせてくれました。(それでも試合はグダグダで最後はあっけなかったので全然面白くなかったです。)

そんな流れで、秋山選手の試合です。試合前、「この興行で一番良い試合をする」と言ってましたが、これまでの流れではどう転んでも一番の試合になるだろうな、と思っていましたが、プロレスは相手選手あってのもの。

その相手である柴田選手がいきなり攻め込んでとても盛り上がります。試合前の会見から「怒らせてブチ切れた秋山選手を見たい」という発言どおりの遠慮ない蹴りで秋山選手の額が切れて出血。これでこの試合の流れがエキサイトする方向に決まったようなもんです。

しかし流石に今の蹴りだと秋山選手も蘇生に時間がかかるかな・・・と思ったら、そこは天下の和田京平レフェリー。場外にエスケープした秋山選手に一息つかせるためか、普通に場外に降りるだけなのに柴田選手を止めてかつ秋山選手に声をかけて反応を確かめてから場外戦に移行。蘇生した秋山選手もこうなりゃ応えない訳にはいきません。パイプイスまで使ってボッコボコに殴りかかります。

もう、その後はさっきまでの不完全燃焼を吹き飛ばす激しい展開で、とても面白かったです。レフェリーがGYAOのロゴTシャツを着ていたので、ひょっとするとHERO'SのようにGYAOで配信されるかもしれません。他の試合は見る価値は(プロレスは競技じゃない、と割り切って笑いたい人以外は。)ありませんが、GYAO要チェックです。

GYAO
http://www.gyao.jp/

« 大きな口 | Main | 闇が深くなるのは・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

Comments

あ、実況スレ、私もあとで読みました。
秋山vs柴田、盛り上がったみたいでなにより。
しかし和田京平、さすがですねえ。
ディファカップの決勝戦のときも格の違いを見せてましたが、レフェリーも試合を作る重要な要素なんですよね。

毎度です、馬熊さん。

本当にこの試合は内容が充実してました。なんとか地上波で流れないかなぁ。

The comments to this entry are closed.

« 大きな口 | Main | 闇が深くなるのは・・・ »