気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2008年期待のゲームは? | Main | はやく、春よこい »

2008.01.19

Dear棚橋

何が面白くて、何がつまらないのか。
何が嬉しくて、何が悲しいのか。
何が幸せで、何が不幸なのか。

ここ最近、とてもとても忙しい。
まず、仕事が忙しい。年末で他部署へのヘルプが終わったと思ったら、自分の部署の仕事が山積み。山積みはまぁいい。通常、締め切りらしい締め切りも無いから、まったり一つずつこなしていけば大丈夫。

・・・なのに、なぜ・・・急に期限ありの仕事が二つも三つも四つも重なるの?まぁ、働くことで、日々の生活が成り立つ。働きたくても仕事が無い人に比べたら贅沢この上無いです。

そして、趣味である「プロ格観戦」と「ゲーム」も溜まってきてとっても忙しい。
まずは、年末プロ格興行。

やれんのか&ダイナマイッ!
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2007/2007123102/index.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/live/2007/2007123103/index.html

どっちもテレビ二台準備して同時に観戦しまくったんですね。
あぁ・・・ダイナマイッ!も生放送してくれていれば・・・。

印象に残ったのは、ヌルヌル秋山と喋るな三崎(With「あの白い奴は誰だ?の郷野」)の試合ですね。秋山選手が大嫌いな理由は「反則を犯した」という行為そのものより、アノ試合で桜庭選手がハッキリと抗議しているのに殴り続ける行為が気にいらないからでした。

日本語が通じない場合や、ワンラッシュの話なら「耳に入らなかった」「歓声で聞こえなかった」というフォローする気持ちも沸きますが、ブレイクが入ったりジェスチャーを見れば認識できなかった訳ありません。そして世間的にも叩かれたのは言うまでもありません。

しかし、打撃の実力は見た目にもシュート・ボクセの選手を彷彿させるような素早さで、同じ階級だと殴り勝つ日本人はいないんじゃないかな~と思ってました。・・・が・・・三崎選手が殴って蹴飛ばして大勝利。大喜びしたんですが、その後のマイクがいただけない。

さらに四点ポジションでないか?秋山陣営の抗議。
直後ならまだしも、VTRを見ればわかるでしょうに、いまだにブチブチ言ってます。推測ですが秋山選手本人は抗議なんかしたくないんじゃないかな。

せっかくスカッと負けて、血まみれの姿は地上波で流れ、スカパー生放送では三崎選手の喋りすぎもあったし、ここから禊も終わって上を目指すだけ。って気分なのに、抗議なんかしてたら印象がまた悪くなってしまう。

いや、亀田一家のケースもあるし、生涯ヒールを地でいくなら抗議も良いかもしれませんね。
事実、三崎選手が勝って大喜びした瞬間、次によぎったのはプロレスオタク的思考で「やったぁぁぁぁぁ!・・・勝っちゃった・・・ここで消えてしまうのも惜しいなぁ・・・ここまでのヒール。」ですから。

勝った後、重いプレッシャーから開放されたかのごとく喋りすぎた三崎選手。
負けた後、黙っていれば良いものの陣営から抗議を出してしまう秋山選手。

もし勝敗が入れ替わっていれば、マスコミやファンはどう取り上げてるんでしょうか。
もし勝敗が決まったあと、そのまま二人が黙っていれば、どういう雰囲気になるでしょうか。
たとえ勝敗が入れ替わっていても、あのフィニッシュは勝敗が入れ替わっても反則じゃありませんけどね。

一戦の勝敗がここまで記憶に残る試合ってのは、良いですね。これこそ一期一会の雌雄を決する感じがします。この緊張感が今のプロレスにはあまり無いんですよね。それこそ、アリ-猪木、ウィリー-猪木のような。

話がそれました・・・しかし、あと記憶に残ったのは・・・あれ?なんだっけ。翌日以降に話題になった、「前田SV田村選手にトロフィーを投げつける」くらいで印象にないなぁ・・・。

そして、ハッスル。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2007/2007123101/index.html
http://www.hustlehustle.com/

さすが「ムタ」と言ったところで、良い雰囲気だしますね。
キャラ作りとして「完璧」なインリン様と並んでも見劣りしません。

池谷銀牙は、凄いことは凄いけど「タイガーマスク」が凄かったのは、あの動きを初めて持ち込んだ事と、「タイガーマスク」というキャラ、そしてゴールデンタイム放送という波に乗っていたからです。それなりに動きは凄いので、扱いによっては化けるかもしれないのですが、本人にその気がなければだめですね。

メインは、最後のラブ&ハッスルの盾が爆発しなかったのが・・・。

しかし、一部話題になっている「ミルコのハイキックで金村失神」ですが、金属バットで頭を殴る時、相手がわかっていようが、手加減していようが、打ち所が悪ければ失神くらいしますよ。

ミルコがオロオロとして金村をチラ見していた表情だけでも充分ガチでしょう。
あぁ・・・生放送してくれていれば・・・。地上波テレビが付いて喜んだのも束の間、生放送が無いのがとても痛い。

理由はわかりませんが年を跨いでも、それまで欠かさず放送されていたスカパーの生放送がほとんど録画中継(サムライ!)に追いやられる始末。

興行は「生放送」にこそ価値があるというのに。
逆に、それならそれで、大晦日のようなイベントは、お金かけて凄いカードなり、サプライズなゲストが来ればよいのですが、予想を超えない範囲であるオッパイタレントほしのあきとミルコ・クロコップ選手のみ。

・・・それでも、充分面白かったですけどね。
最後のラブ&ハッスルの盾が爆発しなかったけど・・・。

むしろ、年があけた後楽園の方が一試合一試合にストーリーがあって、インリン様、ボノちゃん、総統などキャラクターつくりも完璧になり、サップの芸達者ぶりを再認識したり、なおかつRGは期待以上の働きを見せてくれてとても面白かったです。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2008/2008011701/index.html

とくにRGは、プロ顔負けのバンプ(受身)を取りながら、やられ芸
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200801/20080117027.html
もさることながら決めるところは決める(というよりオイシイところ総取り)姿を見せてくれました。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200801/20080117033.html

その試合内容でも、充分喜んだのに翌日の結果を見て爆笑。
決まり手は「Dear棚橋」一粒で二回も笑わせて頂きました。

芸人としては、相方HGのブームも一発屋として下火になり、RG本人は下品な笑いしか出せないRG。しかし、プヲタとしてはレジェンドレスラーと度重なる対戦をくりかえし、見ているプヲタ(少なくとも私は「鉄板」で「ガッチガチ」の評価)の支持を取り付けたRG。

年末年始の興行を追いかけたと思ったら、ファンタジーアースゼロのイベント開始。
http://www.fezero.jp/campaign/fe_campaign_19.aspx

参加したころは、結構「経験値二倍」ってイベントが良くあったんですが、最近では「1.5倍」とか「1.3倍」とかセコくなっています。いや、よく言えばバランス調整された結果なんでしょうけど。

他のゲームも忙しいので、あまり参加できていないのですが、「二倍」と言われれば遊ぶ気になります。なにせこのゲーム、最大レベルの40に近づけば近づくほど、必要経験値が桁違いに跳ね上がるので、社会人ゲーマー&無課金ゲーマーには中々キツいものがあります。

まぁ、ある程度レベルが上がれば充分で、あとは集団戦を楽しむゲームなんですけどね。

そして、期待の風来のシレン3情報。
http://www.famitsu.com/interview/article/1212994_1493.html

ほ~レベル継続ですか。
ま、レベル1に戻されるダンジョンもあるようですし、これはこれで正しい選択でしょう。Wiiでも、画面が結構綺麗です。早く遊びたいなぁ・・・さっさと仕事片付けて有給休暇を取る準備をしておこう。

最後に今ハマりつつあるゲーム。
仕事がキツいので、まったりした育成モノは無いかな~と調べていたら「牧場物語」発見。・・・そういえば何年か前に買おうと思って遊んでないな・・・。あれ?「新」ってなんだ?

ルーンファクトリー
http://www.bokumono.com/series/runefactory/

ほう・・戦闘もあるのか・・・あれあれっ?これは・・・!
ルーンファクトリー2
http://www.mmv.co.jp/special/game/ds/runefactory2/

2も、最近出てました。さっそく手に入れて遊び始めてます。
畑を耕して、種をまいて、水をやり、お風呂に入り、適当に仕事の依頼を解決して寝る。

働いて疲れて寝る。
ゲームの中で働いて寝る。を繰り返して疲れて実際に寝る。
・・・ゲームしてるのか働いているのか、それが問題だ。
でも、面白いよコレ。楽しかったらナンでもいいか。

棚橋・・・あっさりチャンピン奪われて、そのまま新日本にいて楽しいか?

« 2008年期待のゲームは? | Main | はやく、春よこい »

ゲーム」カテゴリの記事

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.