気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ヤバイ | Main | 決戦は金曜日 »

2008.04.19

アントニオ猪木は強かったのか?

Gスピリッツvol6は、アントニオ猪木特集。
http://www.tg-net.co.jp/gs/

小佐野記者のブログ(http://mimi.sub.jp/maikai/)を楽しみにしていますので、Gスピリッツの宣伝が自然と目に付きます。

プロレスは大衆娯楽として発展し、現在衰退しつつある訳ですが私は今でもプロレスファンです。

そんな私をプロレスに引き込んだのは紛れも無く「アントニオ猪木」です。子供心にネタとしてしか知らなかった「熊殺し」ウィリー・ウィリアムス選手との異種格闘技戦が、アントニオ猪木信者に引き込んだのが最初だったと思います。

・・・信者と言っても、すぐにタイガーマスクの華麗さに引き付けられ、さらにUWF~RINGSへと興味は移り、前田信者から全日本プロレス四天王時代を経て、活き活き塾信者となって今はどんなプロレス・格闘技でも見るようになりましたけど。

それはさておき、アントニオ猪木は強いのか?というテーマに基づく今回の企画は、元RINGSファンの私にとって「買うしかない」と判断するべき二人がアントニオ猪木を語ります。

「世界のTK」こと高阪剛 氏と、「猪木の右腕」で元RINGSレフェリーの北沢幹之 氏のお二人で、ヒジョ~~~に面白い話が聞け(読め)ました。

TKはペールワン戦を語るのですが、ビデオでしか見たことない私にもプロレスがもつファンタジーを膨らませるに充分な解説で、北沢さんはそれまでロングインタビューの機会は目にしなかったのですが6ページに渡って出会ったレスラー達の「強さ」を語ってくれました。

鈴木みのる選手が語る「猪木」記事もひっくるめて、奇しくも「シュートを超えたもの、それがプロレス」というジャイアント馬場氏の言葉が思い出されるとても面白い特集でした。

異種格闘技戦、そしてヤオガチ論争から総合格闘技という現実を経て、それでもプロレスが好きな人は「アントニオ猪木」が大嫌いな人でも御一読をお勧めします。

←ウィジェットから買ってくれると、私がチョッピリ幸せ。

« ヤバイ | Main | 決戦は金曜日 »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.