気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 時間を忘れる面白いゲーム「428 ~封鎖された渋谷で~」 | Main | 428 ハマり中 »

2008.12.07

K-1 WORLD GP 2008 FINAL 雑感

もともと私は、プロスポーツは格闘技からプロレス、野球までなんでも興行として面白いか面白くないかを重要視しています。

で、あのラスト。

メチャクチャ面白いじゃないですか。

いつになるか分かりませんが、レミー対バダの試合があったらお金払ってみたいと思いませんか?

だからといって、バダの行為を正当化したり支持しようとは思いませんし、罰則は与えるべきとも思います。

ただ、バダは「ムカついた」から反則したわけで、「ルールを破りたくて」反則したわけではありません。

そう、ムカついたら後先考えずに暴れる奴の「試合」が見たいんですよ。
その「試合」で反則をして欲しいんじゃなく、その性格からくる相手を貶す発言や暴言などがどう打撃格闘の中で表現してくれるのかが面白いんです。

ですから、レミーが二重に見える詐欺だろうが、バダがレミーを「最優秀男優賞だ」と貶そうが、面白ければ全てOKです。

試合ではレフェリーが、世間一般では警察が番人として居ますので、私に火の粉が降りかからなければ、チンピラじみたスポーツ選手がいても全然構いません。

嫌いな選手は嫌いなりにやっつけられるシーンが楽しみですし、反則行為で相手の選手生命が終わったりしたら問題ですが、永久追放ほどでなければこの次の対戦で期待は膨らみます。

一言いいたいのは、谷川代表のこの言葉。
「おもしろければそれでいいんだ」というような考え方は一生懸命やっているファイターにとっては許しがたいことだと思います。

お・ま・え・が・い・う・な

絶対王者っぷりなシュルトの扱いや、日本人選手の扱いに対して、胸を張ってその言葉を飲み込めますか?

そもそも大きな意味で言えば「観客が望むマッチメイク」自体を否定してますよ、その言葉。

まぁ、なんにしても角田レフェリーは島田レフェリーに匹敵するヒールレフェリーの道を歩んでいることだけは間違いないようです。

さぁみなさんご一緒に「レフェリー角田信朗」「Booooo!」

« 時間を忘れる面白いゲーム「428 ~封鎖された渋谷で~」 | Main | 428 ハマり中 »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.