気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ウィザードリィーとラストレムナントの共通点? | Main | ラストレムナント 999CHAINへの道 »

2009.01.15

ウィザードリィーとラストレムナントの共通点?その2

まだまだあった・・・。
ラストレムナントとウィザードリィーの似て非なる点。

5.どこでもセーブができる。

だからと言って油断すると死ねます。全滅します。うっかりしてるとセーブ地点からやり直しです。余裕のある戦場でも、一回一回の戦闘が終わるたびにセーブしておかないとたpっぷり後悔できます。

6.毒が致命傷になる。

ラストレムナントは、一回戦闘が終われば全快になります。つまり、戦闘さえ終われば毒だろうが戦闘不能状態だろうが関係ありません。が・・・しかし・・・、毒状態になると、味方のターンでゲシゲシHPを削られます。五人PTだと、一ターンで五回もゲシゲシゲシゲシゲシ削り倒されます。

7.仲間を呼ぶ。が怖い。

ドラゴンクエストのイメージが強いのか、敵が「仲間を呼ぶ」行動で増えたとしても、稼ぎが増えるくらいのイメージですが、たまに「アンタらだけで充分やろ!」というような強いモンスターの癖に仲間をお呼びになりやがります。

8.同じ格好してても見かけによらず強い敵もいる。

ウィザードリィーでは「不確定」な状態で戦闘を行う場合がありますが、ラストレムナントでは、フィールド上で見た目はそこらにいるザコなのに、よく調べずに戦闘に入ってしまうとレアモンスターと呼ばれる特殊な敵の場合があって、思ったよりメチャクチャ強い場合があります。しかも、ラストレムナントには「撤退」や「全滅時の救済処置」はありません。

つまり・・・普通のザコとの戦闘でも緊張感のある、成長が目に見えるようでなかなか成長しない、キャラクターへの愛着と想像力さえあれば百時間以上楽しめるゲームといっても過言ではありません。・・・といっても、総プレイ時間の表示が無いのでわかりませんけどね。

惜しむべくは、「二周目」とか「強くてニューゲーム」ってのが無いらしいです。・・・めっきりザコ戦と地道な成長を楽しんでいて、すっかり本筋は進めてませんから一周目も終わってませんけど。

しかし、惜しいなぁ。

二周目以降は、リーダーユニット限界数の制限を解けるとかを期待してたのに。・・・ダウンロードコンテンツでいいから追加してくれないかなぁ・・・・。「俺つぇぇぇ」やりたいなぁ。

まぁ、それはさておき、Xbox360を持っていれば、お勧めのゲームということで、興味が無い方も名前くらいはチェックしておいて値段が安くなったら思い出してくださいな。

« ウィザードリィーとラストレムナントの共通点? | Main | ラストレムナント 999CHAINへの道 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.