気まぐれブログパーツ

  • SAMURAI&DRAGONS
  • 炎の刃 大谷晋二郎
  • 風量・風力予報
  • つぶやいた~
  • Xbox360
  • 骨髄バンク

アソシエイト

買おうぜプロレスの向こう側

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 魔法の箱、電子レンジ | Main | 久しぶりに、ドラゴンクエスト9を遊ぶ。 »

2010.07.10

久しぶりに、プロレスを生観戦。

久しぶりにプロレスの生放送をオンタイムで最初から最後まで見ました。
いや、19時女子プロレスは、最初から最後まで見てますが・・・(笑)
http://www.ustream.tv/channel/19pro

本題はコッチ。プロレスリング・ノア「Summer Navig.'10 part.1―最終戦」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2010/2010071002/index.html

私は無信心な奴で、どれだけ気に入っても「信者」と呼ばれる程のめり込んだりはしません。ただ「完成品」としてそれ以上劣化しない作品については、それこそ布教活動するくらいに褒めます。

そう、いわゆるプロレスオタク(プオタ)と自認するくらい好きだった時期もありますが、今は一部の団体を専門チャンネルで「ながら見」するくらいのヌルいファンになっています。

相変わらず前置きが長くなりそうですが、今NOAHのプロレスが面白いか?と問われれば、「私は雅央の試合は好きやで!」と言えますが、プロレスを知らない人に勧められるほど面白く感じませんし、事実、会場への生観戦はここ数年行ってません。

一年前の三沢選手の事故の時も、「故人の遺志を継いで、もう一度盛り上げて欲しい。いや、世間一般はどうでもイイ。この私を会場に行かせるほど面白い見世物にしてくれ!」とは思ったものの、結局一年経っても会場に行こうとまでは思いません。

G+(http://www.ntv.co.jp/G/proWrestling/index.html)で、生放送があれば「ながら見」くらいはしますが、それほど真剣に見ることはありません。まして、一番盛り上がっていたNOAH旗揚げ当初ですら、(会場でもテレビでも)途中でウトウトうたた寝するくらいです。

ただし、今日は区切りとなる旗揚げ10周年記念ビッグマッチ。そして生放送。さらに暇。・・と、三拍子そろったので、最初からじっくり見てみました。見る前は「どうせ昼寝しちゃうだろうなぁ」と思っていたんですが、結局最後まで見続けてしまいました。

まず、最初の雅央選手は、期待通りのパフォーマンスで、レフェリーが和田京平氏だったこともあり、新鮮な気分で楽しめました。第二試合でも悪童キャラがすっかり板についた平柳選手のパフォーマンスは最高で、本日の掴みはOK!と言える盛り上がりでした。

第三試合は(申し訳ない事ですが)橋選手が抑えられるだろうし、昼寝タイムかな・・・と思っていたのに、終盤の畳み掛けが両軍とも見事で、どっちに転ぶか分からず最後までみてしまいました。

橋選手、Blogで入院話がつづいていたのですが元気そうでなによりです。
http://ameblo.jp/hashimakoto/
さっそくネタになってますね。秋山選手と和田レフェリー、Blog仲間でなにやってんでしょうか(笑)
http://ameblo.jp/hashimakoto/entry-10587024583.html

第四試合は対抗戦の雰囲気がよかったけど試合内容があっさりでザンネン。第五試合は・・・夏に暑苦しい試合は見たくなかったので、モンハンを遊びながら消化。

残りの六・七・八試合は、全部面白かったです。

・・・けど、やっぱり「プロレスを知らない人」に見せて面白いものか?と言われれば、疑問が残ります。いや、いくつかの試合は間違いなくウケるでしょう。でも、興行全体に「プロレスを知らない人」を連れていけるかと言われれば、私は誘えませんね。

私自身も「クーラーの効いた部屋」で「テレビ観戦」だったからこそ最後まで楽しめましたが、「費用をつぎ込んで」まで観に行くかといえば、行かなかったでしょう。

今度の大阪では「小橋選手撮影会」があります。
http://www.noah.co.jp/tour_detail.php?tour_id=654

こういった付加価値でもあれば考えますが、やっぱり一回の観戦で一人頭5000円~10000円使う事を考えればハードルは高いですね。まぁ、興行が客離れして自然淘汰されるのも宿命。

私は「面白ければ見る」し「面白くなければ他のものを見る」ということで。

« 魔法の箱、電子レンジ | Main | 久しぶりに、ドラゴンクエスト9を遊ぶ。 »

プロレス・格闘技」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.